読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何もかも「手遅れ」な親父 4

 

あっという間に社会人三年目。

 

 

社会人の洗練を受け、家に帰らない事もちらほらあり、親父の事も忘れて仕事に没頭していた。

 

 

 

そんな時に大学の頃から付き合っていた彼女に子供が出来た報告を受けた。動揺した。でも喜びの方が大きかった。最先端の技術を駆使した99%安全な障壁を掻い潜り授かったのだ。そんな我が子をなかなか芯のあるやつだ!やるな!と内心思っていた。

 

 

妊娠が発覚して一ヶ月と数週間。未だに信じられずいたが、婚姻届を出さなくてはいけなくなり、子供に背中を押されるように籍を入れた。

付き合って4年半。5年目の記念日にプロポーズしようとしていたが、せっかちな我が子のおかげで大分早まった。

 

 

 

親父にはそのうち報告するか。と思っていた。母とは離婚したが、子供からしたら唯一の親父だから抵抗はなかった。

 

そう。そのうち…ね。

 

 

 

 

そのうちを忘れるように仕事も忙しくなり、結局連絡もしていなかった。

 

 

 

 

思い出したのは親父から母に電話があった時。

どうやら嘱託で働いていたが身体の調子が優れなく、退職し叔父の家に転がり込んだようだ。母は仕方なく叔父の家に向かった。ばぁちゃんが死んでから行かなくなっていたその家はゴミ屋敷のようになっていたようだ。叔父に親父が2人して毎日寝るだけの生活をしていたようだ。母はうんざりしながら帰ってきた。次は僕も一緒に行って報告はするか。そう思っていた。

 

 

 

それからあっという間に時間が過ぎて行き、子供が産まれた。嬉しかった。僕の代は家庭を大事にして行こうと決めた。親父への報告よりも息子と嫁と過ごす時間を優先した。

 

 

 

 

それから何日が経ち、仕事終わりにラインを開くと母から「大事な話」があります。とだけ入っていた。なんなんだろう?と思いつつも家に帰ってみたら元気のない母と妹もがいた。

 

 

お父さん歩けなくて調子が悪かったから救急車で運んで検査受けたらガンだって。

僕は驚いた。あの親父が?

 

 

 

 

何もかも「手遅れ」な親父 3

 

妹も色々あったが落ち着き、仕事に打ち込むようになった。我が家としては順調だった。

 

 

 

社会人になって思ったことは時間の流れが早いこと。寝て起きて仕事してお風呂に寝て起きて仕事…そんなことの繰り返しをしていたらあっという間に時間が過ぎてった。

 

 

社会人2年目。

母の元に親父から久しぶりに公衆電話がにて連絡があった。どうやら固定の住所がなく、会社の補助金か手当が貰えないので新居の住所に入れて欲しいとのことのようだった。勿論応じるわけがない。叔父のもとに行く事を催促されるが親父はそれを拒んだ。兄弟仲が宜しくないのと、兄は脳挫傷経験があり、少しおかしいところがあるので嫌だそうだ。そんな話をしてると電話が切れたようだ。テレフォンカードと言えど、携帯に公衆電話から電話すると恐ろしい速さで残高が減って行くからだ。その後、今度は会社の電話から連絡があり、仕方なく母は親父に話すべく出向いた。

 

 

帰ってきた母から話を聞くと、家を出るときまん丸だった親父は痩せこけ、親父からおじいさんになりかけていたそうだ。母を見つけると美味しい肉料理屋があると言い、いきなりステーキに連れて行き、ご馳走してくれたようだ。そんな嬉しかったのか親父。

 

 

久々に会った母をステーキの立ち食いに連れて行き、一体なんなんだと思いつつ話を聞いてると一緒に住みたいと言い出したようだ。母はもう離婚しているので応じる訳がない。叔父の家もとい、父方のおかんの家に行きなさい。と母は話したようだ。僕が聞いた話はここまでで、その後、親父から母へ連絡はこなくなった。

 

 

何もかも「手遅れ」な親父 2

 

母への電話は今どこにいるのか聞いてきたようだった。勿論母は答える必要もない。僕も妹も今更何を言っているのだろうと思っていた。

 

 

新しい生活を充実させようと、母と妹と僕は仕事に打ち込んだ。最も貧困の時は小学校の頃。玉ねぎ炒めにご飯。その時は好きだった一平ちゃんの醤油豚骨ラーメンがとても贅沢品に見えていた。

 

 

 

仕事が忙しくなったことと、妹は高卒で働いていたこともあり、高卒によくある、大学進学への憧れを口にしていた。度々、なんでお兄ちゃんだけ!と言われた事を今も覚えている。お金がない事を嘆いていた。

 

 

僕は工業高校ということもあり、親は就職して少しは楽にしてくれると思っていただろう。僕も高校出たら働いて早くお金が欲しかった。でも、友人の誘いでオープンキャンパスに行き、気持ちが変わってしまった。これが大学か…と強い憧れを持った。当然、親に報告をすると猛反対された。しかし、一切金銭的な援助をしない事を条件に大学へ行く事を許可された。

憧れのキャンパスライフ。

 

 

大学へ進学を決めたのも遅く、国公立に行ける頭もなく、センター試験は視野に入れず、AO入試でひたすらアピールしてなんとか合格。当時、私立だからハードルが低いことも知らず合格ってことだけで有頂天だった。

 

 

そんなこんなでキャンパスライフ開始。

期待と裏腹にバイトと学業の両立は困難を極めた。片道2時間だが、一人暮らしなんかする余裕がない。私立故に学費が高い。奨学金もギリギリの申請でなんとか通ったものの、後のことを考え少額にした。少ない奨学金とバイト代で全部やりくりせねば…そう思うと気が重かった。大学と言えばサークル。正直やりたかったけど、時間と体力がなかった。

 

 

話が逸れたけど妹には大学の事を全部話した。夜勤明けの学校の辛さ、迫り来る学費納期の圧迫感。身体を壊しながらも貯金した口座からお金が空っぽになる虚無感。妹には普通に通えることのありがたさを説明した。学生時代の華やかな生活はお金ありきなこともあるよって。

でも周りと比較してもしょうがないのは分かっていたから妹には行きたければ行きなよ。その代わりちゃんとやりきること。と言っておいた。

 

行けることが当たり前?

奨学金だけで賄う?

親からの仕送りが少ない?

親が出してくれる?

学校近くに一人暮らし?

 

 

正直全部羨ましかった。

無いなら無いなりに国公立に行けば良かった。自分が悪かった。そう思う時があった。

でも全部自分で賄いながらやっていく。なんか周りと違う経験をしている自分が少し誇らしく思えた。

 

 

 

 

 

何もかも「手遅れ」な親父 1

 

やり場のない思いからこのブログを始め、少しでもスッキリすればいいかなということで書こうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両親が離婚した。

 

僕が社会人になってすぐの事。ギャンブル狂いの親父に母は限界を迎えた。退職金も遊びに使いそうな勢いで更生の余地なしと判断した。熟年離婚ってやつ。ドラマによくあるような単語。

 

母と妹と一緒に4人でずっと住んでいた借家から引っ越した。親父はほとんど帰って来ないから居なくなったことに気付くのはもう少し後のことだと思う。僕らは夜逃げみたいに家から消えた。

 

新しい家はかなり近場で、中学までの通学路の途中だった。広さは2部屋にキッチン。3人で暮らすには不自由のない広さ。家具を叔父と僕を赤ん坊の時から知っている叔父の友人の手伝いにより難なく引っ越しは完了した。

 

数日後、母に親父から電話があった。しかし出るわけにはいかない。今更慌ててももう遅い。母は酷く迷惑そうにしていた。

 

父は居なくなってから色々気付いたらしい。しかし、妹の学費を振り込む約束に応じていない。誠意がないことに母は腹を立てていた。

 

社会人になって始めての夏。

研修が終わり、ようやく家から通えるようになり、自宅で過ごす時間が増えた。新居ということもあり、気持ちも高揚していたのを覚えている。新しい仕事に新しい生活。

 

新居の生活にも慣れ、少し経った。前の家の大家さんから母に電話が入った。家の荷物を撤去するから必要な物があれば取りにおいでとのことだった。話を聞くと、親父は家賃を払っていなく、滞納が続いた為、強制的に追い出されるとのこと。大家さんは長い付き合いで、こちらの家庭の事情もよくわかっていた。そのこともあり、母に請求関係は一切しなかった。

 

久しぶりに旧我が家を覗いてみると、床は汚く、シンクにはいつから洗ってないのかわからない食器が積み重なっていた。おそらく親父は全然帰ってきていない。そうすぐに分かるような状況だった。しかし服は干してあった。あの親父でも洗濯は出来るようだ。

引っ越しの時にあらかた荷物はまとめたけど、忘れ物があったので襖の奥の方を漁り、懐かしい昔の宝物を少し袋に詰め僕らはその家を出た。

 

数日後、旧我が家の物は産業廃棄物処理の業者により綺麗サッパリ無くなった。親父は結局戻らず、何も持たずして家の中が空になった。

長年暮らした我が家が綺麗サッパリしてしまうと、少し虚無感があった。

それより親父はどこで何をしてこれからどうするのだろうか。

 

そんな出来事から一年が経ち、妹も社会人になり、我が家はお金に余裕が出来た。僕は初任給や月々の給料にボーナスを入れていた。妹が働けばもっとマシになる。金銭的に苦しかった家計もようやくマシになる兆しが見えた。

 

そんなとき、母の携帯に親父から電話が入った。