読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何もかも「手遅れ」な親父 4

あっという間に社会人三年目。 社会人の洗練を受け、家に帰らない事もちらほらあり、親父の事も忘れて仕事に没頭していた。 そんな時に大学の頃から付き合っていた彼女に子供が出来た報告を受けた。動揺した。でも喜びの方が大きかった。最先端の技術を駆使…

何もかも「手遅れ」な親父 3

妹も色々あったが落ち着き、仕事に打ち込むようになった。我が家としては順調だった。 社会人になって思ったことは時間の流れが早いこと。寝て起きて仕事してお風呂に寝て起きて仕事…そんなことの繰り返しをしていたらあっという間に時間が過ぎてった。 社会…

何もかも「手遅れ」な親父 2

母への電話は今どこにいるのか聞いてきたようだった。勿論母は答える必要もない。僕も妹も今更何を言っているのだろうと思っていた。 新しい生活を充実させようと、母と妹と僕は仕事に打ち込んだ。最も貧困の時は小学校の頃。玉ねぎ炒めにご飯。その時は好き…

何もかも「手遅れ」な親父 1

やり場のない思いからこのブログを始め、少しでもスッキリすればいいかなということで書こうと思います。 … … … 両親が離婚した。 僕が社会人になってすぐの事。ギャンブル狂いの親父に母は限界を迎えた。退職金も遊びに使いそうな勢いで更生の余地なしと判…